様々な種類の着物

女の人

着物には様々な種類やマナーがあります。着物の種類について詳しく説明いたします。

小紋(komon)
おしゃれ着の代表格です。
普段着、街着として着用します。最近人気の着物レンタルでおでかけなど着付けされるのは小紋が一番多いです。
気軽なおしゃれ着として楽しめ、多彩な着こなしが楽しめます。江戸小紋などは、格が高いとされています。

浴衣(yukata)
夏といえば浴衣!というイメージの方も多いと思います。
昔は家庭着、寝巻きとしても着用されていました。
綿絽・長板染めなどの上質な浴衣は、襦袢等をしっかりと着て足袋をつければ外出着としても着用されることもあります。

黒留袖(kuro tomesode)
一番格式が高く、既婚女性の正装です。
現代では結婚式や披露宴で親族の既婚女性の服装として用いられることが多いです。
生地は地模様の無い縮緬が黒い地色で染められており、五つ紋(染め抜き日向紋)がつきます。模様は腰よりも下の位置(裾)にのみ書かれており、位置が低いほど年配向けになります。

色留袖(iro tomesode)
本来は既婚女性の正装でしたが、最近では未婚の女性に着用されることが多いようです。
黒以外の地色で染められた留袖で、一つ紋・三つ紋・五つ紋とありますが、五つ紋つきで黒留袖と同格になります。

振袖(rurisode)
主に未婚の女性の正装です。
華麗な文様で袖丈も長い着物です。袖の長さで大振袖・中振袖・小振袖の種類に分かれます。
大振袖は花嫁のお色直し、結婚式の披露宴、成人式、卒業式などで客用される着物です。成人式などのハレの席で振袖を着る文化は1946年以降から浸透し始めたものです。袖を振る仕草は、厄払い・清めの儀式に通じます。結婚式や成人式の日に振袖を着ることは、人生の門出に身を清めるという意味を持つようになりました。

付下げ(tsukesage)
訪問着を簡略化したもので、訪問着は白生地を裁ってから染めるのに対し、付け下げは反物のまま染める着物を指します。
訪問着より軽い外出着とみなされます。
一般的な付け下げは儀式ではないパーティーなどで着用されることが多いようです。

黒喪服(kuro mofuku)
喪の第一礼装です。
五つ紋をつけ、黒の帯を合わせます。
未婚、既婚、共に着用するものです。

最近はデニム生地や夏着物などもあります。

着物から現在の衣服への変換
着物現在の衣服
黒留袖 → ウエディングドレス
色留袖 → イブニングドレス
振袖・訪問着 → パーティードレス
付下げ → カクテルドレス
小紋 → スーツ・ワンピース